外国人技能実習生受入事業

本組合は国際交流・国際貢献を目的として人材獲得を図り、結果として作業効率の改善・社内の活性化・ 国際化を実現し、コスト削減・優秀で若い人材の安定確保を目的として取り組んでおります。

外国人技能実習生とは

「一定の技術・知識をもった外国人に、日本の進んだ技術・知識等を修得してもらい、母国の経済発展・産業振興に役立ててもらう」 という人材育成と技術転換の2つの観点からなっている制度です。
最長3年の期間にて、取得した技術・技能・知識を、雇用関係の下でより実践的かつ実務的に習熟するものです。

実習期間

実習期間

1年目

弊組合と送出機関の提携により、採用条件決定から入国までの期間に現地『日本語学校』にて独自の教育を受け(基礎知識、日本語・日本の文化・風習・習慣) 更に入国後も約1ヶ月間弊組合で講習を受けた後に現場へ実習に入ります。
講習風景1 講習風景2 講習風景3

2年目

1年間の現場での実習を経て、後輩(2期生)が出来る事で責任感を持ち、より一層の技術発展が望まれます。

3年目

企業との人間関係を深めながら、更に高いレベルを目指します。

入国後講習(法的保護講習)の様子

満了帰国前の実習生と

実習生受け入れのメリット

優秀な人材の確保

多数の候補者の中から直接書類選考・実技試験・筆記試験・面接(家族面接)によって人選する為、優秀で確かな人材を受け入れる事ができます。
また、弊組合と送出機関の提携によりに設立した“日本語学校”において、日本語・日本の文化・風習・習慣等の基礎知識を学ぶ為、言葉・生活習慣での大きな不安は解消されます。

面接風景

企業の活性化

向上心旺盛な若者の受入れにより職場が明るくなり、企業の活性化が図れ職場全体が技能実習生を教える事で責任感を持ち、作業手順の見直しにより作業効果・改善(コストダウン)等が進み良い影響を及ぼしています。

役職員監査の様子

経費削減

実習生を勤務シフトに交えた交代制勤務で、経費削減が図れます。

受け入れ可能人数

常勤職員人数3~50人51~100人101~200人201~300人301人以上
受け入れ人数3人まで6人まで10人まで15人まで従業員の5%
※常勤職員が2人以下の企業の場合、常勤職員を超える人数を受け入れることはできません。
※技能実習1号が、滞在2年目に技能実習2号に移行すると、技能実習1号の受け入れ枠が空く為、新たに受け入れる事ができます。

受け入れに関する注意事項

1.
入国後の講習期間の施設費・教材費・講師費は、企業負担となります。
2.
3年間の実習終了後に、同一の人物の再受入れはできません。
3.
最初の受入れは、審査状況等により、実習生の入国日を確定する事ができません。

受入業種(技能実習2号移行対象職種)

<<技能実習の職種・作業の範囲について>> (2016年4月1日現在) 


実習生受け入れまでの流れ

1.お申込み・ヒアリング

お申込みを受け付けし、人数・性別等の諸条件を聞き受け、人材選びに入ります。

2.人材の選考

人材の選考を現地にて行います。
選考方法は企業様と一緒に現地に赴き、候補者の中から書類選考、実技試験、面接を行い決定します。

3.講習 入国前

現地での選考後、約3ヶ月間の日本語・日本の風習・職場で使用する専門用語の勉強を行います。

4.講習 入国後

入国後、本組合にて講習(派遣後に企業で実施する事も可能)を行い、日本での生活に必要な基本知識と組合員様の就業規則等を修得します。

5.雇用契約の締結

組合にて講習を行った後、企業様と雇用契約を締結して頂きます。

6.技能実習2号への移行

1年目の技能実習1号終了後、技能検定試験を受け、合格者は企業様と1年~2年に渡り雇用契約を結び、技能実習2号に移行します。

スキルウェイ協同組合で受け入れするメリット

1.
通常の受入では、単に送出機関と組合との提携に過ぎませんが、弊組合の特色といたしまして、送出機関を組合独自で設けており、日本での留学経験8年以上の通訳及び教育スタッフが在籍しております。
2.
既に日本での3年間の研修、実習を終え帰国した人材も教育スタッフとして配属しております。
3.
中国国内への人材派遣も取組んでおります。
4.
3ヶ月に1回程度、中国送出機関より直接日本へ定期訪問による継続指導に取組んでおります。
5.
技能実習期による弊組合の巡回指導後の定期レポート配信システムによる情報の共有に取組んでおります。
6.
技能実習制度監査委員会があり、労働法に基づく労務管理アドバイスを受ける事が出来ます。
7.
行政書士と業務提携しております。
各種申請業務、在留資格変更許可申請手続等が可能です。入管関連業務では、本人に代わり申請書類を入国管理局に提出することが出来ます。

アフターフォロー

各企業様へ派遣後も、組合の専門スタッフによる定期訪問、申請書類の作成等各企業様が、外国人技能実習制度を適切かつスムーズに実施できるようバックアップさせて頂きます。

外国人登録

組合担当者が外国人登録手続きにスケジュール次第で同行が可能。

住居の手配

組合担当者が情報の収集等を行い、サポートを致します。

各種手続き

組合事務局が対応致します。

中国語通訳スタッフ

中国人の常勤社員が在籍しております。

定期報告書類作成

財団法人国際研修協力機構及び入国管理局への定期報告書類作成を組合事務局にて対応致します。

その他

毎月の定期訪問による指導
メンタル面のフォロー等
休時のケア
トラブル発生時の随時対応